お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

交通安全指導

今日は、調布警察の交通課の方が来て下さり、

交通安全指導を行いました。

まずは、全園児がホールに集まって、先生達の劇を見ました。

こんなことは、危ないよ!ということが、

たくさん詰まった劇でした。

その後に、おまわりさんに、信号のこと、

横断歩道のこと、道の歩き方のお話をしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまわりさんの話に、熱心に耳を傾けていました。

 

ホールで全体にお話をしてもらった後は、

年長さんは園庭に出て、歩行指導を受けました。

幼稚園に信号機や、標識を持って来てもらい、

どのように道路を歩くのか、教えてもらいました。

手を上げて渡ろうね。

これは、とまれ。

しっかり止まって、左右の確認をしよう!

 

 

 

 

赤は止まるんだよ。

信号、しっかり見てね!

 

年長さんは、教えてもらいながら、

しっかり歩いていました。

 

その後。。。

園庭に、道路や、横断歩道の線が引いてあったことに気づき、

「せんせい、みて!!」と、年少さんが、

道路を歩く練習を始めました。

「しっかり歩けたね!」と言うと、

たくさん渡る人たちが出てきました。

少しすると、車になる人まで登場!

最初は暴走していた車たちでしたが、

先生が紙に描いた信号を出すと、

その信号に従って止まっていくようになりました。

保育室で、自分で信号を描いてくる子どももいましたよ。

 

その傍ら、園庭では年長児がサッカーをして遊んでいました。

その姿を見て、年少児が

「せんせい、どうろのまんなかで、ぼーるしてる。ぶっぶーだね!」と一言。

思わず、笑ってしまいました。

 

帰りのバスの中では、

「せんせい、きょうのげき、じょうずだったよ!」と、

保育者の劇についての感想も話してくれていました。

 

今日のこの時間をしっかり頭と心に刻み、

事故やケガのないように、過ごせますように!!!

 

調布警察のおまわりさん、ありがとうございました。

 

PAGE TOP