お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

うめジュースを作ろう♪

年長児のおうちの人から、青梅を頂きました。

「うめじゅーすにしよう!」

「ようちえんでのんだよね」と、

今までのことを思い出して話す子もいました。

そこで、梅ジュースを作ることにしましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、しっかり梅を洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

洗った梅は、しっかりと水けをふき取ります。

その後は、梅のエキスがたくさん出るように、

竹串で穴を開けていきました。

プスプス プスプス・・・。

「あっ、いいにおいがするよ~」

「めにはいっちゃった~」

「おいしいのができるといいな♪」

そんな会話をしながら、穴あけをしていきました。

穴を開けた梅は、瓶にお引越しです。

「おいしくなるんだよ~」と、入れていきます。

まわりも、「おいしくな~れ」の大合唱。

氷砂糖とグラニュー糖でサンドして・・・。

「うめちゃんと、お砂糖の結婚だよ~」

「おしあわせに」

そんなことを言いながらの、瓶詰作業。

梅ジュース完成!?!?

飲めるようになるのはいつだろう??

「このお砂糖がぜ~んぶ溶けたら飲めるよ!」

「あしたのめるかな?」

「どうだろうね~」

 

調布多摩川幼稚園の梅ジュースは何年目になるかな?

去年は、年長組が年中組だった自分たちのも作ってくれていたから、

年中組の分も作りました。

保育室に届けに行くと、嬉しそうに受け取ってくれました。

この年中組の経験が、来年の年長へとつながるんですよね。

 

~帰りのバスの中~

「せんせい、うめじゅーすはまいにちまぜるといいんだって!」

「そうなんだ~!じゃあ、明日混ぜなきゃね」

「でもね、あしたぷらねたりうむいくから、ようちえんいかないの」

「そっか。どうしようね~」

「そうだ!えんちょうせんせいにたのんでおこう!」

「園長先生も一緒に行くって言ってたよ」

「えっ、そうなの?!どうしよう・・・」

「私、お留守番だよ」

「ほんとに!?じゃあ、せんせいまぜておいてくれる?」

「よし!任された!忘れずにまぜておくね!」

「やくそくだよ!!」

そう言って、そっと小指を出してきた子ども・・・。

 

梅ジュースになって飲めるのはいつかな??

完成するのを待ち遠しく待つ日々が始まります。

 

 

PAGE TOP