お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

ラグビー大会までの道のり・・・

さわやかな気候になった、連休の谷間から、

年長児がラグビーを始めました。

最初は1対1で、先生と戦ったり、お友達と戦いました。

でも、1対1だと、自分の力がうまく出せず、

苦手に感じる子も出てきました。

すると、ラグビーが好き!得意!な子ども達が、

「一人だからいやでしょ?いっしょにやろう!」

「おれとやろうよ」と、友達を助けてくれる姿が!

そこから2対2の勝負へ!!

最初は、勝ちたい思いが強くて

強い者同士がくっついて組んでいたのですが、

次第に、力の均等も考えるようになり、

苦手な子と、得意な子が組むようになりました。

自分のことだけでなく、周りの子どものことも、

考えられるような育ちを、とても感じました。

 

少人数から少しずつ人数を増やしていき、

クラス対抗に変化していくと、

“勝ち”を意識するようになり、

練習にも、より一層力が入るようになりました。

「トレーニングしてくる!!」と、

外に出て行き、走り込みをする子、

「うでのちからがだいじ!」と、腕立て伏せや、

腹筋をする子まで出てきました。

 

 

また、どうしたら強くなれるのかを、

クラスで話し合うこともありました。

「どこをおしたらよいか?」

「どこにちからをいれたらよいか?」

やっている姿を見て、「ここがよいよ!」と、

一生懸命研究して、作戦をたてていました。

 

そんな姿のあったラグビー大会までの1か月。

うめ組対さくら組の対決は、日増しにパワーアップし、

対決中には、「うなりごえ」も聞こえる位になりました。

 

1点も取られるものか!!とみんな一生懸命。

 

トライを決めたり、勝った時にはグータッチをしたり、

 

ハイタッチをしたりしました。

 

そんなラグビーの日々が続き、

おうちの人に応援に来てもらっての、

ラグビー大会のお話は、また次回・・・。

 

PAGE TOP