お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

年長組高尾山遠足

お天気が少し心配だった7日(金)に、

年長組は高尾山へ遠足に行きました。

 

2学期になってすぐに、高尾山には天狗の伝説があると知り、

子ども達はその数々を知りたくて、遠足を楽しみにしていました。

 

調布駅に集合して、高尾山口駅まではみんなで電車に乗って行きました。

その最中「あれが高尾山かな?」「天狗いるかな?」と

子ども達はお話していました。

 

電車を降りた後は、ケーブルカーで山の中腹まで。

 

途中、下りてくるケーブルカーとぶつかりそうになって、

「たいへんだ!」「どうしよう!」と子ども達。

 

ケーブルカーをおりて、トイレを済ませて、

登山の準備をしていると、子どものカバンの上に巻物が…。

「高尾山天狗道」と言う地図でした。

「だれがおいたの?」「てんぐかな?」

ケーブルカーの駅員さんからも、調布多摩川幼稚園宛の手紙があるともらい、

みんなは登山をはじめました。

 

子ども達は、足場の悪い中、一生懸命歩きました。

セミや鳥の鳴き声、川のせせらぎの音を聞きながら、

汗をいっぱいかきながら、登っていきました。

だんだん険しい道になったり、長い階段があって、

くじけそうにな子どももいました。でも、

「もうちょっとだよ!!」「がんばろう!」と

子ども同士励まし合って、頑張って登っていきました。

 

その心強い支えをもとに、山頂につきました。

山頂では、一歩手前でみんなのことを待って、

「せーの!」で、みんなで登頂を喜びました♪♪

山下に見下ろす街に向かって

「おかあさ~ん!!」

叫んでいましたね。

 

そして、お待ちかねのお弁当!

山頂で食べたおにぎりは、とてもおいしいものでした。

 

山頂では、ビジターセンターにも行きました。

高尾山について、少し詳しくなりました。

 

休憩をたくさんして、さぁ下山。

「てんぐ、いないねぇ・・・」

そんなことを言いながら、薬王院に向かいました。

天狗のものと思われる、一本歯のゲタに、びっくりの子ども達。

 

ザワザワと木が言うと

「てんぐかな?」「あっ、いまみえた!!」

子ども達は、一生懸命天狗の姿を探していました。

 

 

雨に降られないで済んだので

「てんぐさん、ありがとう!!」と、天狗さんにお礼。

 

神変堂は、足腰に効くということで、お願い事。

願い事は、なにかな?

 

天狗に会えたかどうかはわかりませんが、

子ども達はみんな、一生懸命歩いて、無事に下山しました。

帰りの電車は。。。

天狗の夢でも見てるかな??

 

PAGE TOP