お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

秋の多摩川散歩

夏休みが明けて、幼稚園に戻ってきた子どもたちが、

「虫探しにいこう!」と庭に出て遊ぶ姿をよく見かける毎日。

子どもたちの口からよく出ていた虫の名前は、コオロギ、バッタ。

時々園内でもコオロギを見かけるものの、あまりたくさんは発見できず、

来る日も来る日も、数少ない草むらをかき分けかき分け、

長い時間コオロギやバッタを探す子どもたち。

そんな子どもたちの姿を見て、この時期、たくさんの虫がいる多摩川へ

散歩にでかけることにしました。

よーし、すみれさんも つくしさんも たんぽぽさんも集まってみんなでしゅっぱーつ!!

 

年少組では春にみんなで多摩川まで自分の足で歩き、遠足に出かけていたので、

今回の多摩川へのお出かけは2度目。

お天気がいい日には、団地の中の公園にお散歩にもたくさん出かけています。

「歩くのこーんなに上手になったよ!」

「横断歩道も上手に渡れるよ!」「手をピーンとあげて!」

「忍者みたいにサササっとわたっちゃうよ!」

クラスのみんなでまとまって、一緒に歩いていきます。

春に歩いた時には、多摩川の土手に着く頃には「もう疲れたぁ・・・」と困り顔だった子どもたち。

園での生活や、それぞれの育ちも豊かにあったこの半年のあいだに

体力もつき、あっという間に多摩川に到着!

多摩川の原っぱに着くと、かばんを下して早速虫探し!

「虫いないかなぁ」 と、一足、草むらへ足を踏み入れると、たくさんの虫がぴょこぴょことジャンプします。

「わぁ!いっぱいいるー!!!」 と、みんな大興奮!

「こっちにもいるよー!」「どこどこー?」

バッタを見つけ、そーっとそーっと近づきます・・・

逃がさず捕まえられるか?!息を呑む一瞬・・・

虫をゲット!

「ほらみて!バッタつかまえたよ!」

赤ちゃんバッタから、大きなものはなんと10cm!!はあるのでは?と思うような

大きなトノサマバッタもたくさんいました。

虫が苦手な子も中にはきっといたはず。けれど、みんなで夢中になって探し、

触れなくても、「おおきいねぇ」「ようちえんにはこんなおっきいのいないね」

とまじまじ見ていたり、「○○くん(○○ちゃん)は虫持ててすごいねぇ!」と

お友達の姿に驚いたりしていました。

虫を探して、茂みをじーっと見ていると、たくさんのお花を発見したり、

「見て、きれいなお花見つけた!ママにおみやげにする!」

しゃがみ込んでいたら、かくれんぼのようになったり、

                    「お友達、みーつけた♪」「見つかっちゃった~」

「なんだかおふろみたい~!」「くさのおふろ!」

背丈の高くなった草の中にみんなで座ってお風呂になったり、

たくさん走りまわって疲れたら、原っぱに ごろ~ん。

「きもちがいいね~」「くさ、ふわふわだね~」

草のベッドで一休み。

たくさん捕まえたバッタは、最後に原っぱに返して帰ってきました。

心地いい秋の多摩川をみんなで満喫できた素敵な1日でした。

ご協力いただいたおうちの方々、どうもありがとうございました!

 

虫を捕まえながら、「ずーっと昔に来た時には、そり滑りしたよねぇ?」

と、春の遠足を覚えていて、段ボールのそりで土手滑りしたことを話す

子どもたちの声があちこちで聞こえてきました。

また近々、今度は段ボールのそりを持って出かけたいと思っています。たのしみ~♪

PAGE TOP