お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

どんぐりクッキーを食べよう!

きっかけは、2学期が始まった9月に、

Aくんがどんぐりをたくさん袋に詰めて登園し、

「どんぐりクッキー つくる!」

と言い出したことでした。

年長組にお兄ちゃんのいるその子は、休みの日に家族で出かけた際に

どんぐりを見つけ、拾っていると、お兄ちゃんから

「どんぐりって食べられるんだよ。クッキーにして食べたことがあるよ!」

と教えてもらい、自分もやってみたい!と、たくさん どんぐりを拾って

持ってきてくれたのでした。

それを聞いて担任の先生も「おもしろそう!」と わくわく♪

さっそく、作ってみることに!

Aくんが持ってきてくれたどんぐりは、年長さん曰く

「食べられない(灰汁が強い)どんぐり!!」

ということで、食べられるどんぐりを拾いに出かけました。

「こんなにたくさん拾えたよ!!!」「取りたい放題じゃん!!!」「いっぱいで重いね!!」

 

このままでは食べられないので、、、どんぐりを一度煮て、

殻を割って  実を出して、

ピーナッツのようですが、すごーくかたいので、細かく砕いてパウダーにします。

どんぐりの下ごしらえはこれでバッチリ♪

クッキー作りに必要な材料のお買い物にも自分たちで行きます。

ご協力いただいたコープの方々、ありがとうございました!!

 

買ってきた材料を混ぜて、こねこね・・・

「こねこねした手、どんぐりクッキーのにおい♡」  「かたまってきた~!」  「おさえておくね」

生地ができたら、クッキーの形を作ります。

「くるくる ぺしん!」 「どんぐりころちゃん あたまはとんがって~・・・♪」

「いっぱいできてきたよ~!」

たくさんできたクッキー、よし、焼こう!!!

お部屋にオーブントースターを持ってきて、すごく熱くなるので気をつけながら、

「おいしくな~れ!」と焼きあがるのを待ちます。

「いいにおいしてきたね!」 「待ちきれないよ~」とクッキーの絵を描いて待つ子も。

部屋中が、なんともあま~い いいにおいになって、

「チーン!!!」と“焼けたよ”の合図が響くと、

「クッキー焼けたよ~!!!」とクラスの仲間を呼び集めます。

できあがりはみんなで一緒に!!!

「できたぁ~!」 「うわぁ~やったー!!」

     「う~ん・・・いいにおい~♡」

 「みんなで味見、してみようか」   「まだ熱いからフーフーしよう」

「おいし~い!!」 「おいしくてもう全部食べちゃったよ!」

 

「カリカリッて どんぐりの声がする!!」 「どんぐりの味がしておいしいね!グゥ!」

たくさん作ったどんぐりクッキーは、お土産におうちに持って帰りました♪

食欲の秋!「身近な秋」の味覚をおうちでもお子さんと味わってみてはいかがでしょう?

年少組のみんな、焼き立てクッキー、ごちそうさまでした!

PAGE TOP