お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

大根収穫

在園児のおうちで、農家をされている方がいて、

その方が子どもたちのために、大根を育ててくださり、

大きくなったので、収穫させてもらいました。

 

子どもたちは、生長の過程をお散歩しながら見てきていたので、

畑に行くまで、「どのくらい大きくなったかな??」と

楽しみにしながら歩いて行きました。

 

畑に行くと、鈴木さんがみんなの到着を待っていて下さいました。

そして、到着して、目の前に広がっていたのは、

青々と広がった大根の葉でした。

お散歩で来た時には、まだ小さい葉っぱだったのに、

すっかり大きく葉を広げていました。

 

みんなが到着して、ご挨拶をし、早速大根掘りの始まりです。

まずは、鈴木さんに大根の抜き方を教えてもらいました。

「葉っぱを持って、まっすぐ上に引っ張るよ」

 

お話を聞いて、次は子どもたちの番です!!

葉っぱを持って、上にあげる・・・

「よいっしょ」「うーん・・・」

ぬけた~!!

「ぼくの大きい!」「ぼくのもこんなだよ!!」

と~っても大きな大根!!すごいでしょ!

 

立派な大根は、なかなか抜けなくて、

ちょっとだけ鈴木さんにお手伝いしてもらいました

「ぬけたー!」

 

抜けた大根は、新聞紙に包んで、一人一本お持ち帰り!

「何にして食べようかな~??」

そんなみんなに、鈴木さんから大根の秘密を教えてもらいました。

「大根は、葉っぱに近いほうが甘くて、下のほうが辛いんだよ!」

「へぇ~!!」

「じゃあ、上はサラダかな??」

 

鈴木さんにお礼をして、子どもたちは大きな大根を抱えて、幼稚園に帰りました。

「何にして食べようかな~??」

「わたしはおみそしるがいいな」

「スープもよいよね」

 

「サラダもおいしいって言ってたよね~」

 

最初は、軽々だったのが、だんだん重くて疲れてきました。

「先生が持って行ってあげようか??」

と聞くと、

「先生に食べられちゃうから、大丈夫!!!」と、

また足取りがしっかりしてきます。

でも、やっぱり・・・

「おもたーい・・・」

 

それもそのはずです!

葉っぱも入れたら、自分の背丈になる子もいましたからね。

でも、誰一人置いてくることなく、引きずって大根おろしにすることなく、

幼稚園まで持って帰ってきました。

 

お迎えに来たおうちの人に渡す顔は、どこか誇らしげでした。

みんなは、この大根をどんなふうにして食べたのでしょうね。

 

大根掘りの経験はもちろん素敵な体験です。

でも、その経験をおうちの方とのやりとりで

もっともっと素敵なものにしてもらえたらなぁと思っています。

 

「なににしてたべようか??」

「大根、~にするために、お買い物行こうか」

「これは、〇〇が掘った大根だよね~」

「△△の堀った大根、おいしいね~」

 

こんな会話がたくさんあって、

そしてたくさんの笑顔が見られていますように・・・。

 

鈴木さん、大事な畑で、貴重な体験をさせて頂き、

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP