調布多摩川幼稚園の運動会では野外劇というものをしています。

年少組の時は「3びきのこぶた」の野外劇を楽しみましたよね。

外で体を使って表現する楽しさを知っている子ども達。

年中組になったら何ができるかな?とワクワクしています。

今年はスイミーのお話をみんなですることにしました。

まずは先生たちによる

「スイミー」をホールでみんなで見ることに。

音楽が鳴り、スイミーのお話が始まると、一気に引き込まれる子ども達。先生たちもこのお話が大好きなので、それぞれの役になりきって楽しく踊り、体を使って表現します。

そんな踊りを見ていると

自然と体が動いたり、笑顔になる子ども達。

楽しそう!やってみたい!と、

もうすでに気持ちが動き始めています。

 

スイミーの野外劇を見終えると、

「僕は足が速いからうなぎやりたい」

「私はスイミー」などなど

やってみたい役を見つけていましたよ。

 

次の日、

それぞれのクラスに分かれてスイミーを踊ってみました。

みんなで踊ると楽しいね。

 

年中組になった子ども達は運動会当日に役を決めるのではなく、

事前にクラスのみんなと話し合い役を決めます。

全ての役がいて、このスイミーのお話が面白くなること、

みんながスイミーやりたいといってやったらどうなる?

海の仲間たちがいなかったら…スイミーの元気が出ないことなど、

クラスのみんなとお話を理解し深めていきながら楽しむのも

年中組だからこそできることです。

スイミーのお話の世界を子ども達と楽しんでいきたいと思います。