年少組で凧を作り遊びました。

年少組では過去にビニール袋で風を受けてあげる凧を作ったり、紙で作る凧など色々な凧を作り遊んできました。

今年はどんな凧を作って遊ぼうかな~

いつもお絵描きで使っている「紙」に一工夫加えたら・・・

お空にあがる凧になったら、子どもたちびっくりするかな?と、

今年は「紙」で凧を作ることにしました。

先生達は何度も試作の凧を作り、大きさはどの大きさがいいか、

一番凧らしくあがるものはどれかと、何度も凧を作りました。

 

子ども達が作って遊べる凧!

その中で「風」というものを感じる子がいたらいいなと。

風を受けて空にあがっていく凧です。

年少組の凧あげは「走ってあげる凧」になるんですよね~

一生懸命走っている間は凧があがるのですが、止まると落ちる・・・

空にあがっている凧が見たいから、振り向くと走るのが止まってしまい、凧が落ちる・・・。

そんな姿もかわいいのですが、

「風」というものを感じて遊べたら楽しいかもしれないな~と

先生達は話をしていました。

そして遊んでいく中でそんな発見があったら面白いかも!!と。

いざ、作って遊ぶと、、、

園庭には力いっぱい走る子どもたち♪

私にはみんなの素敵な絵が描いてある凧がよく見えているよ~!!

風が少しある日は歩いてみたりもしました。

走らなくてもあがる凧!!

「風」を感じ始めた子どもたちは、

「向こうにいい風あるよ」「風であがるんだよね」という声が聞こえてきました。

園内いろいろなところに「いい風」を求めて凧あげをしていると、

室外機から出る風を発見!!!!

室外機の前で手を挙げてみると・・・

「わ~」「あがった~~~」

と大発見です!!

年少組の子ども達の凧と風の出会いの物語でした。

 

年長になったら「連凧」という凧をあげるんですよ。

クラスの仲間の凧を一本の糸でつないでいる長い凧です。

連凧が空にあがっていくところを

一度見たらその光景は忘れることはないでしょう。

今年の3月はどんな凧が空にあがるのかな?

今から楽しみです♪