3学期が始まりました。

2021年、新しい年を迎えました。子どもたちの幸せのために価値のある和で、温かいふくらみのある幸せを紡ぎながら、やさしいしなやかな時間を共有したいと思います。

園長先生の言葉をかしのみより抜粋いたしました。

子どもたちの育ちを保障していきながら、今しかない子どもの時代を楽しんでほしいと願っております。

皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

3学期が始まりましたが、コロナの感染拡大は広がるばかりですね。今できること、自分がやれることをこれからも続けていきましょうね!!

 

幼稚園が始まり、子どもたちの笑い声が溢れています。

笑い声を聞くと、落ち着きます!冬休みに入って、幼稚園に笑い声がなかった日々はやはり寂しいものがありました。

毎日寒さに負けずに元気いっぱいの子どもたち。

3学期のスタートはそれぞれの学年にあったお正月遊びや外で仲間と鬼ごっこなどを担任の先生やお友達と楽しんでいる姿がありました。

皆様、お正月遊びを冬休みされましたか?

私は・・・していません。

来年は福笑いと凧揚げをしたいな!!と今から来年のことを思っております!!!

お正月遊びをご家庭でする機会が少なくなくなってきていますよね。

子どもたちには日本の伝統的な遊びに出会い、その面白さを感じてほしいと思っています。古くから伝わってきている良さ、また家族でできる遊びの良さ、お正月遊びには色々な良さや楽しさがいっぱいです。

年少組では

絵合わせ遊びをしました。

先生手作りのカードです。かるたはまだ難しいけど、カード遊びを楽しみたいと!!

子どもたちの大好きな絵本をもとに同じ絵を探して楽しみます。

「この絵本好き」

などと楽しんでいる姿がありましたよ。

慣れてきたら神経衰弱のようにして遊んでいるクラスもありましたよ。

他にも福笑いもやりました。

「そこそこ~」「もっと上だよ」

出来上がった作品に思わず笑ってしまう姿も!!

年中組ではすごろく遊びをしていました。

止まったマス目をお題を読んでは笑いと笑顔が溢れていましたよ。

 

調布多摩川幼稚園では1月にお餅つきをしています。

ですが、今年は緊急事態宣言が発出されている為中止となりました。

「お餅食べたかった~」という声も。

年少さんは初めての「お餅つき」だったのですが、中止・・・。

それでも子どもたちと

「お餅つき」ってこんなものだったんだよ!と経験してほしく、

準備しました。

工夫を凝らしたおもち!!まるで本物みたいでしょ??ふわふわなんです!

年少さんは今年は「お餅つきごっこ」を楽しみました。

楽しんでいる子どもたちの顔をみて、

来年こそは!!という思いが強くなりました。

 

2021年が皆様にとって

穏やかで温かい日々となりますように。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。