今日幼稚園生活最後の遠足に出かけてきました。

行先は「多摩川」です。

何度多摩川に行ったことでしょう。

初めての遠足も多摩川でしたね♪

今日は「連凧」を揚げに行きました。

連凧ってご存じですか?一本の糸に何個もの凧が繋がっているんですよ。年長組はクラスで1つの連凧をつくりました。

連凧に描いた絵は「幼稚園での思い出」です。

みんなどんな事を描いたのでしょうか?

幼稚園生活を思い返して、1枚の凧に細かく沢山の思い出を描く子もいれば、大きく印象に残った思い出を描く子もいました。

描きながら思い出話に花が咲いたりもしていましたよ。

凧にはそれぞれの思いが沢山詰まっています。

この凧が1本の糸で繋がり、クラスで1つの連凧になります。

先頭の凧は担任の凧!!連凧を揚げる上ではこの凧の役割が大きいそうですよ。担任の凧に続いて、子ども達の凧がクラスみんなの分繋がります。

この凧を繋げる作業は毎年、

おわかれ遠足には一緒に行かれない先生達も一緒に行います。

「連凧が空に揚がりますように」

「おわかれ遠足が最高の1日になりますように」

「みんなの幼稚園の思い出が空高く揚がりますように」

と願いを込めながら。

さあ、多摩川にそれぞれの思い出が詰まった連凧を持って

出発です!!

土手に付き、凧揚げ準備です。

自分の凧を持って1列に並んで

いい風が吹くまで待ちます。

今日は風が優しく、いい風が吹くまで我慢我慢!

いい風が吹いたら

順番に凧を離していくんです。

「いっておいで~」と・・・

大空に泳ぐ連凧は

なんだかとても気持ちよさそうです。

みんなの思い出を乗せ大空に!!

その景色は「感動」

この言葉しかありません。

うめ組さん・さくら組さん

沢山の楽しい思い出をありがとう!!