お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

大根掘り おうちでのエピソード③

まだまだ素敵なエピソードが集まっていますので、お届けしますね。

 

【エピソード10】

泥がたっぷりついた大きな大根を持って帰ってきたので、さっそく夕飯で「豚大根煮」となりました。

葉っぱと皮は漬物に。

柔らかく癖のない上品な味の大根でした。

娘はいつも大根が嫌で残すのに、2回お代わりして食べました!

食後はようちえんブログを見ながら、大根を抜くコツなどその日の話を楽しそうにしてくれました。

今朝は「肩が痛い」というので、「どうしたの?寝違えたのかな?」と聞くと

「大根持って帰ったからだ!」とか言って登園して行きました。笑

素敵な体験をありがとうございました。

 

【エピソード11】

大根、とっても新鮮で美味しくいただきました!ありがとうございました。

我が家は、豚バラ肉と大根の炒めもの、大根サラダ、大根の葉とちりめんの炒め物(ふりかけにしてご飯にかけて食べました)

色々と声をかけてみたんですが結局こどもは全く食べようとせず‥。

豚バラ肉だけ食べてました。

「おとうさんとおかあさんのためにとってきたんだー!」と言ってたので「ありがとう」とお礼を言うと満足そうでした。

次の日のお弁当に大根の葉とちりめんのふりかけをご飯に混ぜて作ったおにぎりを入れてみたら、完食してくれました!

 

 

【エピソード12】

幼稚園で大根の収穫体験をさせて頂きありがとうございました。

「幼稚園のみんなとやった」というのはやっぱり違うみたいで、

帰ってきてからキラキラした顔をして「骨にヒビが入るくらい重たかった!」と話してくれました(笑)。

昨日は時間がなかったので、今日娘とふたりで大根葉のふりかけを作りました。

自分で抜いて自分で料理した大根葉ふりかけは格別みたいで、パクパク食べました。

それからお料理中に、「妹にも食べさせたい」とのことだったので、

大根葉をぐつぐつ煮てブレンダーで細かくしたものを離乳食にあげました。

苦いかもと思いましたが、お出汁と混ぜたからかパクパク食べて、今夜は家族4人みんなで大根葉を食べることができました。

幸せな時間をありがとうございました!

 

 

【エピソード13】

いつもお世話になっております。

とても立派な大根に感激致しました。

「どのへん食べたい?」「どのへん美味しいかなぁ?」「わたしは葉っぱかなぁ」

など会話をしながら家路につき、我が家はお味噌汁にして食べることに。

調理中は気になる様子で「何してるの〜?」と確認しながら、自分が収穫した野菜が、

命に繋がる食事に変化していく姿を見せることができました。

お味の評価はというと「ちょびっと美味しい」との事でした。

種まきから収穫まで、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

 

【エピソード14】

大根掘り、貴重な経験をさせて頂き、大変ありがとうございました。

帰ってくるなり、大きな大根を抱えて、「疲れたー腰痛いー」と言いながらも、

大根がどのように生えていて、どうやって抜いたかなど、

満足げに教えてくれて、お家まで頑張って持ち帰りました。

私も知らないことばかりで、大変興味深く話を聞きました。

夕方いつもはテレビを観る時間でも、一緒に大根お料理する?と聞くと、「うん!!」と走ってきて、

皮むきと、包丁で切って、大根ステーキを作ってくれました。

初めての大根の皮むきで、大きくて大変そうでしたが、何度も持ち替えながら一生懸命やっていました。

親子でとても楽しくお料理でき、嬉しかったです。

他にも大根サラダや、大根の葉炒め、煮物、お味噌汁などに入れて、美味しく頂きました。

新鮮な大根はとてもみずみずしく美味しくて、

「〇〇(子どもの名前)が採ってきてくれた大根おいしい!ありがとう。」と言うと、

にっこりとても嬉しそうな笑顔を見せてくれて、私もとても幸せな気持ちになりました。

 

実はこの日の朝は、起きたら父親が既に仕事に出ていていなかったことで、

「今日は幼稚園行かない!」とすねて寝室にずっと引きこもっていました。

でも大根の収穫まであと何日、と園の日めくりカレンダーを持って帰ってきたり、

ずっと楽しみにしていたのを知っていたので、

「大根、食べたかったなぁ…」とか、

「今日行かなかったら、一生大根掘りなんてできないかも…」などと呟いていたら、無事行ってくれました(笑)

本人も、家族としても大満足の素晴らしい経験をさせてもらえたので、本当に良かったです。

改めまして、ありがとうございました。

長文となってしまいすみません。

鈴木さんにもお礼を伝えて頂けますと幸いです。

 

 

 

 

どのエピソードからも、子ども達の思いをめいっぱいに受け止めて、

おうちの方も一緒に心を動かして下さったことがよくわかりました。

 

読んでいて、ホカホカのこころになりました。

エピソードを寄せて下さったみなさん、ありがとうございました。

 

そして、このような素敵な時間を与えてくれた鈴木さん、ありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です