お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

年少 ゼラチン遊び

先日、年中長さんたちが遠足に行っている間、年少さんたちは、幼稚園でおるすばんでした。

園庭は一日年少さんで貸し切り!!ということで、園庭をめいっぱい使って【感触遊び】を楽しみました。

 

今回は『ゼラチン』で遊びました。

ゼラチンはご存じのように、ゼリーをつくるときに使う製菓材料です。

いつもは食べるものとしてみたことのあるゼリー。

ですが、この日は特別!手で触って遊ぶ道具にだいへんしんです!

 

子どもたちに、「みてみて、これなーんだ?」と冷やしていたゼラチンを見せます。

すると、「わ!!なにそれ!?」と子どもたち。

「ゼラチンっていうの。」

「おいしそう…」

「今日は食べるんじゃないの。」

「たべないの?じゃあどうするの?」と目を丸くして聞かれました。

「これで遊ぶんだよ!こうやってつんつん…って触って遊ぶんだ。」

 

こどもたちに見せると、「触ってみたい!!」という声が聞こえてきました。

つんつんとまず触ると、

「ぷるんってした!」

「つめた~い!」

といい表情。

 

 

「じゃあ、もっとたくさーんのゼラチンで遊ばない?外に準備してあるよ。」

 

外に出てみると…

いつもの園庭に、赤・青・黄 3色のゼラチンの山が!

 

 

「あそんでいいの??」

「いいよ!触ってごらん。」

最初は様子をみて触る子たちも、

次第に、ゼラチンの感触に夢中になっていきました。

ゼラチンを崩して、感触をたのしんだり、手のひらに集めてぎゅーっとつぶして、細かくして遊んだり

 

別の色と混ぜると、「あれ?いろが変わったよ!!」「ここは紫色になったよ。」「ここはオレンジ色!」と大きく目を開いてじーっくりと眺めていました。

 

「こんなものもあるよ」と出したのが、プラスチックのカップ。

カップにいれると…

「これ、ジュースみたい!」

「先生、ジュースどうぞ。」

「これはぱふぇだよ。」

「先生、これ食べて!」

 

自然とごっこ遊びに代わっていきました。

 

一生懸命、カップにいれて、底のほうを眺める子も。

別の色のゼラチンをカップの中にいれることで、「あ!!ぴかぴかしてる!!」と目を輝かせる子どもたち。

 

中には、感触が苦手…という子もいましたが、カップとプラスチックのスプーンをつかうと、ハードルも下がり、「やってみたい」と挑戦する姿もありました。

子どもたちなりに、こうしたらどうなるかな?と試してました。

ゼラチンを入れては出して、また別の色を入れて…を繰り返したり、大人に「ねえみてみて!」と嬉しそうに教えてくれたり…。

このゼラチン遊び1つをとっても、たくさんのその子らしく遊びを探求していく姿、表情が見られてとてもいい時間を過ごせました。

 

また、子どもたちといろいろな【感触遊び】を経験していきたいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です