年中組のお弁当包み作りの続きです。

“自分で使うものを自分で作ろう”と始まったお弁当包み作り。

白い布に、ビー玉と輪ゴムを使って模様が付くようにしました。

今回は染めるところからのお話です。

赤、青、緑、黄色、オレンジ、ピンク、紫、水色、黒

の中から好きな色を1色選びました。

染料の準備も一緒にやり、「え?これが青??紫にしか見えない」とこれからどんな事が始まるのか、ワクワクしてしまいます。

そして、自分の決めた色に白い布を入れる時

「わあ~」と白い布に色がついていくことに!!もう目が輝いていました。「すごーい」「ピンクきれい」

「素敵な色になりますように」のおまじないをかけました。

そして、次の日!!!!

昨日染めた物がお部屋に干してあり、登園してくると

「わ!!染まってる」

ビー玉と輪ゴムを外すと、白くお花みたいな模様が♪

「こっちもとってみる」「こっちはどうかな??」と

心が弾んでいる様子の子どもたち。

 

出来上がったお弁当包みを眺める目は愛おしそう!

宝物ができましたね♪

 

さてさて、また次の日!

作ったお弁当包みを持って帰り、お家でお弁当を包んで持ってきました!!

嬉しくて登園してすぐに鞄から出して見せにくる子も。

「じゃーん」と見せに来てくれました。

いい顔していますよね。自慢のお弁当包みですからね!

お弁当がいつもの100倍くらいおいしく感じたことでしょう。

そしてランチョンマットにもなるお弁当包み。

好きな色に染めた色鮮やかなお弁当包みのおかげで、お弁当

に華を添えてくれていますね。

キレイです!

 

「結ぶ」という経験。

どの子も一生懸命結んでいましたよ。ゆっくり慎重に!!

 

ぞうぐみ組・らいおん組さん素敵なものができたね。

大事に使ってね♪

 

こんな話も耳にしました。

「小学校の遠足の時に今でも使っています」という話がありました。

子どもたちが自分で作り、大事に使い続けるっていいですね。