調布多摩川幼稚園の子ども達は、絵本が大好きです。
幼稚園でも、クラスの集まりの時に読み聞かせをしたり、
クラス文庫の貸し出しをし、家でも読み聞かせをしてもらうようにしています。

幼稚園でたくさんの絵本に出会い、
好きな絵本は繰り返し読んでもらってきていました。

その中で、子ども達が好きなものや、
子ども達と一緒に表現を楽しみたいお話を、劇にしました。

調布多摩川幼稚園の劇は、
大人の作った台本、脚本に当てはめて、
それを覚えさせて子どもが動くのではなく、
子どもが子どもなりに感じたことを表現して、
劇を楽しんでいくように心がけています。

年長の子ども達は、幼稚園生活の集大成として、
仲間と一緒に、一つのお話を、チームごとに読み取りをし、
それぞれの思う表現をして楽しみました。

人によっては感じ方が違い、表現の仕方も異なります。
同じ劇をしても、違うものに見えるのが面白いところです。

年長児が楽しんできたものを、おうちの方に見に来て頂きました。
子ども達は見に来てもらうのを楽しみにしていました。
当日の子ども達は、緊張した様子。
そして、見ているおうちの方も少しドキドキ。。。

 

うめぐみ

「かえるをのんだととさん」

 

 

 

「ひこいちばなし」

 

 

 

さくらぐみ

「やまんばのにしき」

 

 

 

「どろぼうがっこう」

 

 

 

劇を終えた後は、おうちの方に感想を聞きます。

お家の方に感想を言ってもらい、子ども達は嬉しそう。
子ども達の良かったところ、すてきなところを、
たくさんたくさんお話してもらいました。

舞台から下りて、帰っていく姿は少し誇らしげに見えましたよ。
卒園まであと少し・・・。
まだまだ楽しいことたくさんして過ごそうね♪