先日、ハンドベルの鑑賞会を行いました。

 

調布多摩川幼稚園では、12月にミニ音楽会を行っています。

学年毎に行うミニ音楽会では、子ども達が歌を歌ったり、先生たちの歌や合奏を聞いたり、おうちの方々の歌を聞いたりしています。

 

子ども達は日ごろから幼稚園で楽しんでいる歌を歌います。

おうちの方々は、例年きれいな歌声はもちろん、見ていても楽しい歌を披露して下さいます。

学年毎に行うので、とてもアットホームな時間になります。

 

今年度は、おうちの方に来て頂いて、一緒に音楽を楽しむ時間を作ることが難しく、やむなくミニ音楽会は中止になっていました。

子ども達は歌うことや、いろいろな音に出会うことが大好きです。

日ごろから歌ったり、手作りの楽器を作って演奏会ごっこを楽しんでいる姿があります。

そんな子ども達に、様々なものに出会ってほしいなぁ。。。と思い、ハンドベルの音色を子どもたちに聞かせてあげよう!と、ハンドベル奏者の方をお呼びすることにしました。

 

今回お呼びしたのは、ハンドベルデュオの”Belly Love”のお二人。

お二人の詳細はこちら ↓

 

当日はサポートメンバーで、パーカッショニストの方も来て下さいました。

 

かしのみホールを会場に、準備をして下さり、子ども達が会場に入ると、キラキラしたベルがたくさん並んでいました。

 

 

初めて見るハンドベルに、子ども達もワクワクした様子。

そして、演奏が始まりました。

はじめはとなりのトトロの「さんぽ」からでした。

とてもきれいなハンドベルの音色と、知っている曲で、子ども達は大喜びでした。

その後も、子ども達の知っている曲が続き、口ずさみ、手拍子をし、体を動かしながら聞いていました。

 

 

 

ハンドベル以外にも、様々な楽器を用意して下さり、子ども達に教えてくれて、聞かせてくださいました。

 

楽しい時間はあっという間!!

たくさんの楽しい音楽を聞かせてくださいました。

 

子ども達の心のどこかに、このハンドベルの音色が残ってくれて、いつか思い出してくれたらうれしいです。

 

Belly Loveのあいこさん、えりこさん、サポートのほのかさん、素敵な時間をありがとうございました。

 

当日の様子はこちらをご覧ください。