お気軽にお問合わせください 042-483-4666 〒182-0023 東京都調布市染地3-1-29

年少秋の遠足♪

年中さん、年長さんから遅れること1カ月。

年少さんも多摩動物公園へ遠足に出かけてきました。

お天気にも左右されて1度延期になっていたので、

子どもたちもとっても楽しみにしていました。

年中長さんは電車でのお出かけでしたが、

年少さんは観光バスに乗って幼稚園から動物園を目指します。

この日はバス利用の子たちもお母さんと登園し、

見送ってもらって動物園へしゅっぱーつ!!!

バスの中ではお話をしたり歌を歌ったり、外の景色を眺めたりして過ごすと、

 「もうすぐ着きそうだよ!」

あっという間に動物園に到着!!!

行く前に、こんな動物に会えるよ~と聞いて出かけていたので、

動物園に着くと、みんなで まず サイを探して歩きます。

少し歩いて行くと、おおきなサイ(インドサイ)を発見!プールに入って気持ちよさそう♪

ただ、みんなにお尻を向けてプールに入っていたので、

みんなで「サイさーん!!」と呼ぶと

後ろを向いたまま、耳をピクピク。「あ!おみみが動いた!」と大興奮でした。

ずーっとプールの中にいるのを見て、「寒くないのかな?」「温泉なのかも?」

なんて声も聞こえてきましたよ。

 

次はアジアゾウ!「おっきいねー!」「鼻が長いね!」「かわいい~!」と

2頭のゾウが仲良く水遊びをしたり、追いかけっこをしたり、

長い鼻を器用に動かして、草を集めてパクッと食べるのを見て、

「手みたいだね~!!!」と目を真ん丸くしていましたよ。ブクブクブク・・・

 

続いてはガラス越しに見られる大迫力のトラ!!!・・・のはずが、、、

寝てるね・・         まだ寝てる・・・     先生、トラさんずーっと寝てる

いつ見てもトラさんはグーグーお昼寝中・・・zzZZZ

気持ちよく寝ているのに起こしては悪いね・・・とそーっと横を通過。

元気いっぱいなシロテテナガザルに手を振り振り、

オランウータンを目指して進みます。

「どこかな~?」と探していると、「いた!!!」と子どもたち。

探せずに「どこにいるの?」と子どもたちに聞いてみると、

「ほら!あそこの、赤いバケツあるでしょ?あの中にかくれんぼしてる!」

子どもたちが「もういいかーい?」と声をかけると、

バケツをガタガタさせてお返事してくれました。

箱(プランター)の中に入ってみたり、出たと思ったら電車みたいに押してみたり…。

こんなに近いところでオランウータンを見ることもできて子どもたちは大興奮!

かくれんぼが大好きで、電車ごっこも大好きって誰かさんたちにそっくり♪

しばらくオランウータンを眺めていると

スカイウォークも披露してくれました。

「あんな高いところ、落ちたら大変!!!」と心配する子どもたちの声が聞こえたのか、

お母さんオランウータンも、赤ちゃんオランウータンも「みててごらん♪」という顔をして

得意げに、上手にロープを渡って行きました。

さらに進んでいくと、子どもたちの目がキラキラ。

「おっきいやぎのがらがらどんだ!!!」

そこにいたのはムフロンのオス。(羊の先祖。メスには立派な角がありません)

大きくて立派な角が“おおきいやぎのがらがらどん”に見えてみんな大喜び!

お隣には“ちいさいやぎのがらがらどん”にそっくりなムフロンのメスを見つけ、

そのまたお隣には“2ばんめやぎのがらがらどん”にそっくりな

ヒマラヤタール(ヤギの先祖。オスもメスも角がある)を見つけ、

がらがらどんの歌を歌いながら、「ん~じゃあトロルはどこだー?」

なんて探す子もいましたよ。

 

そのあとはウサギやモルモット、小さな動物を見て、マレーバクに向かいます。

「あれ~?いないねぇ?」「お水の中かな???」小さく体を縮めて探します。

「あ、あの隅っこにいるよ~!」

見える子には見える・・そんな隅っこでマレーバクさんもお昼寝中・・・

呼びかけると、お耳をピクピク動かして応えてはくれるものの、

行く前からマレーバクに会えるのを楽しみにしていたので、ちょっぴり残念・・・

と思っていたら、動物園のガイドの方が「あまりよく見えなかったでしょう?」

「いいもの持ってきたから、これ見て帰ってね」と登場。

なにかな???と見ていると、なんと!!!

マレーバクの耳と、足と、毛皮の標本を見せてくれました。

ガイドさん「足の指の数は前足が4本、後ろ足が3本!前と後ろで違うんだよ。」

子どもたち「・・・うん。」「これはなに?」

年少の子どもたちには少し難しいお話でしたが、順番にじっくり見させてもらい、

実際に触らせてもらい、「すご~い」と感動した様子でした。

他にもツキノワグマやインコ、イノシシ、ソデクロヅル、ニホンシカ・・・など

いろんな動物を見て、大満足の遠足になりました。

帰りのバスの中は、まだまだ元気!な子たちもいれば、

夢の中の子どもたちも・・・。

日頃から散歩にたくさん出て、たくさん歩いて、力をつけてきた子どもたち。

ひろーーーい多摩動物公園を、みんな最初から最後まで弱音を吐くことなく、

「次はなに?」

「早く次の動物見に行こう!」

「もっともっと見たい!!!」

と、わくわく楽しんで回ってこられたことに、

子どもたちの育ちをすごーく感じた1日でした♪

 

<<年少児の見学ルート>>

見学ルートも 年少、年中、年長と見比べてみると、

大きくなるごとに たくさん歩いて、

たくさんの動物を見学してきているのだなぁとわかりますね。

 

PAGE TOP