年長組でリレーを楽しむ姿が見られ、

園庭が毎日とても賑やかです。

毎年、この時期になるとリレーをしています。

年中の頃から一緒に過ごしてきた仲間との関係があり、

その仲間と共に、力を合わせ精一杯走ります。

でも、中には走るのが得意ではない子もいます。

「不安だな」「足が速くないんだよ」と思っている仲間がいたら、

今までの関係がしっかりとできているので、

「それなら、僕の前を走って」「もしも抜かされても抜かすから」と

なんて心強い言葉でしょう。

大人が「一生懸命走れば大丈夫」と声をかけるよりも

仲間のこの言葉はどんなに力強く感じ、頼りになったことでしょう。

また、リレーをする時に、仲間の事も応援してほしいという思いもあり、今回はクラスを2つに分けて、うめ組Aチーム対さくら組Aチーム・うめ組Bチーム対さくら組Bチームとして対戦をすることにしました。クラス全員で一度に走るリレーもありますが、これもちゃんとしたクラス対抗リレーなんですよ。

仲間の応援は力になる!と子ども達からも声が上がるほど。

同じクラスの子が走っているのを見る事で学ぶ事もあります。気が付くこともあります。そこから作戦が生まれたりもします。

Aチームが負けてしまったら、Bチームの子達が、頑張るね!!!と挽回しようとする姿もあります。そしてBチームが勝った時は自分の事のように一緒に喜びます。

心は一つだからです。2つにチームが分かれていようと、一緒に戦っているんですよ。