先日、年少さんは初めての遠足に出かけました。

調布多摩川幼稚園では、年少さんでも子ども達だけでの遠足となります。

 

ついこの前も、クラスの仲間と一緒に幼稚園のまわりの公園にいって遊んだり、ちょこっとお散歩をして、草花摘みをして、「お母さんお土産!」と、幼稚園で見つけたものを持ち帰ったりと、経験しました。

 

今回は少し足を延ばし、多摩川の土手まで歩いていきました。

 

子ども達も「あ!ようちえんのうたにあるよね、「♪たまがわの~どては~るだよ~」って!」

「そうそう!そのたまがわの~どてに行くんだよ!」

「なにするの?」

「土手にいってね、葉っぱの坂道で滑り台みたいにシューって滑る土手滑りっていうのするんだ!」

 

 

前日までそんな話もしていました。いよいよ当日。

実は延期になっていた遠足でしたが、

この日はとってもきれいな青空!さあ、みんなで多摩川の土手まであるくぞ!

れっつごー!!

子ども達はクラスの友達と手をつないで歩いていきます。

歩幅を合わせてあるくって、とっても難しいことなんですね。

友達とペースを合わせて、一緒に歩いていきます。

あっという間に多摩川の土手が見えてきました!

 

 

「川が見えてきたね。あれたまがわだ!」

 

やっとのことで多摩川に到着!

お水を飲んで一休み。

そして、さっそく、話していた【土手滑り】に挑戦です。

先生のお話を聞いて、まずは土手のぼり。

すべるためには上らないと!!

 

はじめての土手滑りで、最初は先生と一緒。

先生と一緒にやったら怖くなかった!できちゃった!なんて子もいました。

 

だんだん慣れて、滑るのが楽しくて、一人で滑る子もいれば

 

自分のおしりで調節してずりずりずり~!

お友達と2人で滑ることができることに気が付いて2人組で滑る子も。

 

 

多摩川の土手でしか経験できない特別な一日を

先生と、クラスの仲間たちと楽しみました。

 

 

中には高さややってみたことのなさで怖いと感じた子もいました。

でも、“できること”だけがすべてではないと思っています。

ちょっぴり怖いな…と感じるからこそ、自分の心と相談して、

「やってみようかな、どうしよかな」と葛藤していく経験ができます。

今回はどきどきするといって、やらないことを選んだ子もいました。

でも、そんな子の姿も受け止めたいなと思っています。

自分を主張できるような先生がそばにいて、安心して過ごせることを大事に…。

改めて、子ども達の姿から大切なことを再確認させてもらいました。

 

できないから仕方がない、ではなくて、またどこかで経験できないかなあと

その子の成長を願って、担任は思いを馳せています。

 

帰り道も今年は子ども達の足で歩いて帰ってきました。

 

本当に一日頑張って多摩川までいってきたね。

 

「こんどはさ、お弁当もっていったほうがいいよ。」

と多摩川をでるときに一言。先生が忘れてきたんでしょというような表情でした。

お弁当もってお散歩なんていきたいなあ

 

帰り道には

「ねえねえ、せんせい!またたまがわいってあそびたいね!」

なんて言葉も。疲れも吹き飛んじゃいます。

 

幼稚園ついて、「ただいま~!!」

 

お弁当前に「たのしかった!…けどつかれちゃったぁぁ~」

とほっとした表情。

 

 

今日一日の出来事がこれからの生活につながっていきますように…!