1学期も終わりに近づいたころ、幼稚園でシャボン玉ショーを行いました。

1学期も、コロナ禍の中での日々でした。

たくさんの制限がある中でしたが、せめて幼稚園に来ている間は、楽しい時間を過ごしてほしいので、幼稚園として出来ることを考えながら過ごしてきました。

その一つとして、「生きるっておもしろい、楽しい」を保障する生活を考えて、5月にはエバリーさんをお招きしてのミニコンサートを行いました。

(エバリーミニコンサートの様子はこちら

 

そして、1学期の終わりにシャボン玉アーティストのすぎやまこうじさんをお招きすることになりました。

このシャボン玉ショーをお呼びすることになったのは、在園児の保護者の方の声がきっかけでした。

「子ども達のための心を揺り動かす楽しい時間」をともに考えて下さり、ご提案頂きました。

そんな楽しそうなお話、楽しいことが大好きな私たちがお断りすることもなく、「ぜひ!!」と、お願いしました。

 

シャボン玉ショーの会場はホールです。

朝から準備をして下ったホールに入るなり、子ども達はワクワクした表情を見せていました。

 

ショーが始まると、いろいろなシャボン玉を見せてくださいました。

小さいのから、大きいの、シャボン玉の中にシャボン玉や、たくさんくっついたシャボン玉、色がついたシャボン玉に、四角いシャボン玉!

一つ一つのシャボン玉が出てくるたびに、「わ~~~~~!」と歓声があります。

 

見せてくれるだけではなく、子ども達にも体験させてもらいました。

 

シャボン玉の中に、入ることだって出来ちゃいました!!

この大きいシャボン玉は、子どもだけでなく、大人だって入れちゃいます!!

先生もびっくり~!!

 

そして、ホールがシャボン玉に包まれる時間も!

最初は座っていた子ども達も、自然と立ち上がり、触ろうと一生懸命。

 

子ども達は、シャボン玉ショーに魅了されて、心動かされる時間を過ごしていました。

この顔を見れば、わかるでしょ!

 

1学期終わりに、素敵な時間を過ごすことができました。

すぎやまこうじさん、そして、素敵なご提案をして下さったMさん、ありがとうございました!!

 

すぎやまこうじさんについてはこちら